3×3の図形のバトル。チップを掛けて勝負だ!

 

 

遊ぶ人数:      2−6人

使うカード:    52枚すべてのカード

 

 

こうなったら勝ち:

指定図形に自分の図形をできるだけ近づける。

指定図形と同じ色のマスの数が点数になります。点数の多い人が勝ちです。

 

 

ゲームの始めかた:

テーブルのまん中に、カードを2枚半分かさねて表にしておき、3×3マスの指定図形を作ります。

そして、それぞれのプレイヤーにカードを表にして1まいずつくばり、のこりのカードは山札(やまふだ)としてふせておきます。

 

 

 

 

ゲームのすすめかた:

1)     1回目のチップかけ

じゅんびが終わりカードが1まいずつくばられたところで、1回目のチップかけをはじめます。フォールド(おり)のプレイヤーをのぞき、全員のチップの金額(きんがく)が一致したところでチップかけはおわり、カードのプレイを始めます。

(チップのかけかたのは「チップのかけの方法」でくわしく説明します。)

 

 

2)     カードのプレイ

カードのプレイはプレイヤーごとに順番におこないます。まず山札(やまふだ)の一番上のカードを1まい引き、それをおく場所を考えます。

そのカードをおいてできあがる図形の点数に満足なときは、カードをいちばんよいところにおふせておき、プレイを終了します。

注意:はじめにくばられたカードを動かしたり、むきをかえてはなりません。

 

引いたカードでできる図形に満足でないときは、もう1まいだけカードを引くことができます。このときは、さいしょに引いたカードは表にしておきたいところにおき、そのあとで山札(やまふだ)からカードをもう一枚引きます。そしてそのカードをいちばんよいところにおふせておき、プレイを終了します。

 

  カードをプレイするときは、じゅんばんに上へかさねます。また、おく場所は自由ですが、さいごのカードをおいた時に3×3マスの正方形になっていなければなりません。

 

1.   下からさしこんでいるのでダメ

2.   3×3マスになっていないのでダメ

 

 

3)     2回目のチップかけ

全部のプレイヤーがカードをプレイしおえたら、2回目のチップかけをおこないます。1回目のチップかけと同じように、全員のチップの金額(きんがく)が一致したところでチップかけはおわります。

そこでおりずに残っているプレイヤーは、ふせている一番上のカードをおもてにして、みんなの点数をくらべ、だれが勝ったかをきめます。

勝ったプレイヤーは1回目、2回目でかけられたすべてのチップを一人でもらうことができます。また、同点のときは、チップは勝った人同士で平等にわけます。

 

 

チップのかけの方法:

チップかけはプレイヤーが下の5つのいずれかを順番に宣言することでおこなわれます。

(1)チェック:  チップのかけ額が0のとき、チップをかけずに次の人に回す。

(2)ベット:   チップのかけ額が0の時、チップをかける。

(3)コール:   前のプレイヤーのチップのかけ額と同なじ額のチップをかける。

(4)レイズ:   前のプレイヤーのチップのかけ額より多くのチップをかける

(5)フォールド: 今までにかけたチップをあきらめ、勝負をおりる。

 

すべてのプレーヤーが「チェック」または「フォールド」を宣言した場合は、かけ金0でチップかけラウンドは終わります。それ以外のときは、チップのかけ合いが始まります。

チップのかけ合いは、だれかが最初に「ベット」でチップをかけることから始まり、そのあとのプレイヤーは、かけ額を下げることはできないので、おりずに残るには「コール」で同額のチップをかけるか「レイズ」でかけ額をつり上げることになります。

さいしょに「ベット」、あるいはとちゅうで「レイズ」を宣言したプレイヤー以外のすべてのプレイヤーが「コール」を宣言しで一周したところでチップかけのラウンドは終わりとなります。

もちろん、一周するまえにだれかが「レイズ」により再びかけ額をつり上げたときは、そのプレイヤー以外のすべてのプレイヤーが新しい額に対して「コール」して一周するまでチップかけは続けられます。