シックス

いろんな形を作りながらのバトル!

 

遊ぶ人数:      2−4人

使うカード:    52枚すべてのカード

こうなったら勝ち: さいしょに手札(てふだ)をぜんぶ出しおわった人が勝ち

 

 

ゲームの始めかた:

カードをよくシャッフルし、下の図のように6枚おもてにしてならべ、6マス×6マスの「場(ば)」をつくります。つぎに、それぞれのプレイヤーにカードを4枚ずつくばり、のこりのカードは、山札(やまふだ)としてふせておきます。

 

 

テリトリーとオーナー:

下の図のように「場」は4つの3マス×3マスのテリトリーに分け、それぞれのプレイヤーは、それぞれのテリトリーのオーナーとなります。プレイヤーは自分がオーナーのテリトリーからプレイをし、プレイは時計回りに順番におこないます。

4人プレイのときは、それぞれのプレイヤーに1つずつのテリトリーが与えられます。3人プレイのときも同じで、1つあまるテリトリーは空き地にしてプレイします。また、2人プレイのときは、それぞれのプレイヤーは、ななめ向かいの2つのテリトリーのオーナーとなってプレイします。

 

 

カードの出し方:

カードは、1回に1枚出します。カードを出すときは、6マス×6マスの「場」の上にかさねて出し、そのときに「場」からはみ出して置いてはいけません。

 

カードを出すときは、そのカードの少なくとも1マスは、カードを出す人のテリトリーのなかになければなりません。

 

 

役(やく)の種類:

1)ライン

下の図のように、たて、よこ、ななめのどれかで、同じ色のマスが6こならんだものを「ライン」とよびます。カードを出して「ライン」を作ったときは、山札(やまふだ)からカードを引かずに、そのまま次のプレイヤーの順番になります。よって、ラインを作ったプレイヤーは、手札を1枚へらすことができます。

カードを置いて、ラインが同時に2つできたときは「ダブルライン」です。「ダブルライン」ときは、他のプレイヤーは、それぞれ山札からカードを1枚ずつ引いて、手札(てふだ)加えなければなりません。そのあとでつぎのプレイヤーの順番になります。

ラインがいっぺんにたくさんできたときは、他のプレイヤーは「できたラインの数から1引いた数」のカードを引くこととになります。

 

2)ボックス

カードを出したときに、自分のテリトリーがすべて同じ色でうまったときを「ボックス」とよびます。カードを出して「ボックス」を作ったプレイヤーは、同じテリトリーで、もう一度カードを出すことができます。よって、カードを2枚へらすことができます。

 

 

 

 

 

 

 

注意:役(やく)は、ラインもボックスも、白で作ってもかまいません。

          

 

 

3)ボックスの連続

「ボックス」ができたときは、もう一度カードを出すことができますが、そのときは、どのテリトリーでもすべて同じ色でうめることができれば「ボックス」になり、またもう一度カードを出すことができます。

「ボックス」のすぐあとに出したカードでなければ他のプレイヤーのテリトリーを同じ色でうめても役にはならないので、注意してください。

 

 

 

 

役(やく)を作るときの注意:

下の図のように、もうできている「ライン」と同じ「ライン」を作っても、「ライン」にはならないので注意しましょう。これは「ボックス」でも同じです。

 

 

 

スペシャル返し(ナッシング返し):

スペシャルカード、ナッシングカードが出されたときに、その色ちがいのカードを持っているプレイヤーは、出されたカードの上にすぐ色ちがいのカードをかさねて出すことができます。そのプレイヤーは、はじめにカードを出した人から順番をうばい取ります。順番をうばわれたプレイヤーが出したカードで作られた役はなくなり、山札からカードを1枚引いて、順番をわたします。

 

 

 

「役なし」と役えらび:

カードを出しても役ができてないときは、カードを出したあとで山札からカードを1枚引いて手札に加えてから、次のプレイヤーの順番になります。つまり、「役なし」では手札をへらすことはできません。

また、「ボックス」と「ライン」がいっぺんにできたときは、そのどちらか一つの役をえらばなければなりません。

 

 

 

 

有限会社 クオルト

〒178−0062 東京都練馬区大泉町1−3−39−201

sigma@qualt.co.jp